最上階
【新型コロナ 厚労省まとめ】22人死亡 2770人感染確認(20日)
厚生労働省によりますと、20日に発表した国内の新たな感染者は空港の検疫などを含め2770人となっています。また国内で亡くなった人は、大阪府で5人、東京都で4人、埼玉県で2人、山梨県で2人、岐阜県で2人、茨城県で2人、兵庫県で1人、北海道で1人、千葉県で1人、愛媛県で1人、福岡県で1人の合わせて22人、累計で7万3533人となっています。
少子化対策の強化をめぐり、自民党は焦点となっていた児童手当の所得制限の撤廃のほか、小中学校の給食費の無償化などを盛り込んだ論点整理の案をまとめ、近く政府に提言する方針です。
岸田総理大臣は、訪問先のインドで記者団に対し、5月のG7広島サミットに、韓国のユン・ソンニョル大統領を招待することを明らかにしました。
岸田総理大臣は、訪問先のインドで行った講演で「自由で開かれたインド太平洋」の新たな推進計画を明らかにしました。ODA=政府開発援助の拡充などを通じ、2030年までに官民合わせて750億ドル以上の資金をこの地域に投入し、成長を後押しするとしています。
自民党の菅前総理大臣は、出産にかかる費用について、妊婦健診も含めて公的保険を適用したうえで、実質無償化するべきだという考えを示しました。
今週中にもまとめる追加の物価対策について、政府は低所得世帯への給付金やLPガス利用者の負担軽減などを盛り込む方向で調整しています。必要な費用は総額で2兆円余りとなる見込みで、今年度・令和4年度の予備費から支出する方針です。
少子化対策をめぐり、自民党の茂木幹事長は、子どもの就学後の支援も必要だとして、今週中にもまとめる党の論点整理に、小中学校の給食費の無償化を盛り込む考えを示しました。
G20の議長国、インドを訪れている岸田総理大臣は、モディ首相と会談し、法の支配に基づく国際秩序を堅持していくことを確認しました。また岸田総理大臣は、モディ首相を5月のG7広島サミットに招待しました。